FC2ブログ

G・Verdi:Otello|P・Domingo,C・Vaness,S・Leiferkus&V・Gergiev/Metropolitan Opera House<1994/04/02Matinee LIVE Metropolitan Opera House

ヴェルディ オテロ MET19940321Premier 1994/03/21:New Production
Giuseppe Verdi--Arrigo Boito
OTELLO
Otello:Plácido Domingo     Desdemona:Carol Vaness
Iago:Sergei Leiferkus       Emilia:Jane Bunnell
Cassio:Richard Croft       Lodovico:Paul Plishka
Montàno:Kim Josephson     Roderigo:Charles Anthony
Herald:Yanni Yannissis
Conductor:Valery Gergiev(03/21/1994 MET Debut)
Production:Elijah Moshinsky
Production a gift of Mrs. Donald D. Harrington
<April 2, 1994 Matinee Broadcast Metropolitan Opera House>
プラシド・ドミンゴ 1978ロールデビューMETオテロ 1979/09/24Opening Night
℗ James Heffernan/Metropolitan Opera   Role Debut:Otello
>Review of Christopher Porterfield in the October 8, 1979 issue of Time Magazine
”Tenor Placido Domingo was masterly in his first Otello in New York (he has performed it 40 times elsewhere and recorded it for RCA). Dramatically, he projected a strong warrior but a vulnerable man, a noble nature whose obliviousness to evil turned all his strengths - his depth of feeling, his decisiveness, his simplicity - to fatal weaknesses. The cruelly demanding role requires Otello to sing full-out the moment he walks onstage, with the famous cry of triumph, "Esultate!," and scarcely ever allows him to let up thereafter. Domingo's voice was exhilaratingly equal to it all - dark and thrusting in the declamatory passages, freely soaring in the lyrical settings.”
日本語直訳:Google翻訳)テナープラシドドミンゴは、ニューヨークで彼の最初のオテロに見事に出演しました(彼は他の場所で40回演奏し、RCAに録音しました)。 劇的に、彼は強い戦士であるが傷つきやすい男、邪悪への気づきが彼のすべての強み-彼の感情の深さ、彼の決断力、彼の単純さ-を致命的な弱点に変えた高貴な性質を投影しました。 残酷な要求の強い役割は、オステロが有名な勝利の叫び「Esultate!」で彼がステージ上を歩いた瞬間に完全に歌うことを要求し、その後彼をやめることはほとんどありません。 ドミンゴの声は、爽快にそれとすべて同じでした-暗く、非難の通路に突き刺さり、叙情的な設定で自由に舞い上がりました。
*****  *****
1994/04/02LIVEは、 1995-1996年ごろ CD盤の海賊盤Serenissima から買いました。(今は、どこを探しても ジャケット写真をインターネットから探し出すことができません。
Label:Serenissima C360 122-3 (2 CD)
プラシド・ドミンゴ イライジャ・モシンスキーROHオテロ

この時には、複数のMETに行くことの常連の方と話すことの共通の話題は プラシド・ドミンゴのオテロ ギネス・ジョーンズの出演するエレクトラが話題の中心でした。
オテロ(プラシド・ドミンゴ キャロル・ヴァネス/ルネ・フレミング セルゲ・レイフェルクス ヴァレリー・ゲルギエフ指揮) エレクトラ(ギネス・ジョーンズ  デボラ・ヴォイド レオニー・リザネク ジェームズ・キング ヤン・ヘンドリック・ロータリング ジェームズ・レヴァイン指揮) さまよえるオランダ人(ジェームズ・モリス ヒルデガルト・ベーレンス など) セビリアの理髪師(ウラディ―ミル・チェルノフ ニコライ・ギャウロフ フランク・ロパルド など)を組み合わせることができたからでした。

その話を聞いていたので、海賊盤が出てきたから買いました。あのころから、一気に一時期 海賊盤ブームになったものでした。
*****  *****
何といっても、オテロ歌いとしての後半を迎えた(音程のぶれてこない)プラシド・ドミンゴの歌唱が、このCDの聴きものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント