FC2ブログ

(きょうは:国内映画) 疑惑(1982年:松竹映画)桃井かおり主演, 岩下志麻, 鹿賀丈史など 音楽:芥川也寸志

 
Category Age:G(年齢制限なし)
桃井かおり, 岩下志麻, 鹿賀丈史,小林稔侍, 柄本明, 仲谷昇, 丹波哲郎, 山田五十鈴 などが出演する1982年松竹映画。
何故か、人格形成期の思春期に見ていた作品。
やはり、何といっても 桃井かおり。
小学生の頃 土曜日夜の番組で ”ちょっとマイウェイ”を数回見てから知った女優。この番組が、コメディドラマだったので面白かったのです。
桃井かおり 研ナオコ 緒形拳 八千草薫 岸本加世子 神田正輝などが出演していました。
この時間帯の枠は、熱中時代~刑事編 池中玄太80キロ など。そして、フジテレビでは、ゴールデン洋画劇場の時間帯。
土曜日だったので、見ることができた時間帯(こっそりとみてました)。
***** *****
Wikipediai引用
富山新港湾の岸壁で、球磨子(くまこ)と夫・白河福太郎の乗った車が、時速40キロのスピードで海へ突っ込み、夫が死亡する事件が起こった。
球磨子は車から脱出し助かっていたが、保険金殺人と疑われ警察に逮捕される。
新聞記者の秋谷茂一は、球磨子の過去の新宿でのホステス時代、暴力団員とつるんで詐欺・恐喝・傷害事件を起こし、北陸の資産家である福太郎と結婚後はすぐ、夫に巨額の生命保険をかけた…を詳細に報じた上で、球磨子を「北陸一の毒婦」と糾弾する記事を書いた。
秋谷の記事を契機に他のマスコミも追随、日本中が球磨子の犯行を疑わないムードになった。
球磨子の弁護人も辞退が続出する中、佐原卓吉(映画版では佐原律子・2019年ドラマ版では佐原卓子)が弁護人となる。
球磨子の犯行を確信する秋谷は、佐原に状況を覆す力はないと高をくくっていた。

桃井かおり(被告) と 岩下志麻(弁護士) との心理劇も面白い。やはり、松本清張原作であるだけに。
原作を読めば読むほど、一気に読んでしまうサスペンスなので 釘付けになってしまう。
松本清張 疑惑 DVD1982
殺人容疑がかけられた前科4犯の女(桃井かおり)と、彼女を弁護することになった国選弁護士の女(岩下志麻)との心理的な葛藤を描いた作品。
大学生時代になって小説を通して読んでいても、どういう角度・視点から読んでも 彼女が犯人でしかないでしょう。 という作品。

何度も繰り返し、違う俳優陣を見ていても 最初の印象が強く焼き付いています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント