FC2ブログ

(きょうは、書籍:戯曲)ヘンリク・イプセン:ヘッダ・ガーブレルHedda Gabler: イングリット・バークマン(1963年版)など

ヘッダ・ガーブレル 写真01 イングリット・バークマン©BBC イングリット・バークマン
気位の高い女性ヘッダ・ガーブレル:元恋人の人生を壊そうとして策を巡らしつつも、自らも策に溺れていく女性の姿。
ヘッダ・ガーブレル 写真01 ケート・ブランチェット2006
Cate Blanchett, right, with Justine Clarke, in a 2006 production of "Hedda Gabler."
Credit...Sara Krulwich/The New York Times
*****  *****
演劇初演:1891/01/31 ミュンヘン:レジデンツ劇場(書籍は、1890年に北欧を中心としてヨーロッパ圏内で刊行)
演劇においても、非常に重要な作品の一つ。
(登場人物)
ヘッダ・テスマン (旧姓ガーブレル) : 主人公。ガーブレル将軍の娘で、テスマンと結婚したばかりである。結婚生活にも人生にも飽きており、初めて他人の運命に影響を及ぼすということを試みようとしている。

イェルゲン・テスマン : ヘッダの夫。学者で、関心事は研究、旅行、妻である。かつてヘッダの愛をめぐってエイレルトとライバル関係にあったが、エイレルトが訪ねてくると快く優しく迎え、酔っ払って人事不省に陥ったエイレルトがなくした原稿を取り戻せるよう、精一杯取りはからう。
ユリアーネ・テスマン : テスマンを小さい頃から育て、とても大事に思っているおば。劇中ではユッレおばさんと呼ばれることもある。初期の草稿ではイプセンはユリアーネをマリアーネ・リシングと名づけているが、これは明らかに自身のおば(父親と片親が違う妹)で名付け親であるマリアーネ・パウスからとったものである。マリアーネは父と一緒にシェーエンの近くにあるリシングの大農場で育った。名前はユリアーネ・テスマンに変更されたが、キャラクターじたいはマリアーネがモデルになっている[13]。
テア・エルヴステード : ヘッダの学校の下級生で、イェルゲンの旧友。臆病で内気なところがあり、不幸な結婚をしている。
ブラック判事 : 一家の友人。遠慮のない性格。
エイレルト・レェーヴボルク : イェルゲンの以前の同僚。今は出版業績をあげて大学の教員のポストを得ることをめざしており、イェルゲンのライバルである。かつてヘッダを愛していた。
ベルテ : テスマン家の使用人。
ヘッダ・ガーブレル 写真01 1984年版演劇 Bench Theatre's home since 1977

*****   *****
(あらすじ)
ガーブレル将軍の娘ヘッダは美しく魅力的でプライドが高い。文化史専攻の研究者であるイェルゲン・テス
マンは彼女との結婚を強く望み、願いをかなえる。

舞台は、二人が半年におよぶ長い新婚旅行から帰ってきた新居の朝から幕をあける。
同じころ、若いころよりテスマンのライバルであったエイレルト・レェーヴボルクが街にやってくる。彼は、
ヘッダの古い知り合いであるエルヴステード夫人と共同で論文を執筆していた。テスマンは純粋にレェーヴ
ボルクの才能を評価し、ヘッダはふたりの関係に苛立ちをおぼえる。
ある日、レェーヴボルクがその論文を落としてしまう。テスマンがそれを拾い、持ち帰ったが、ヘッダはその
ことをレェーヴボルクに隠し、論文を燃やしてしまう。絶望したレェーヴボルクは、ヘッダからピストルを渡
され、自殺する。
テスマンとヘッダの友人であるブラック判事は、そのピストルがガーブレル将軍のものであると知り、それを
ネタにヘッダに言い寄る。
一方、テスマンはエルヴステード夫人と、レェーヴボルクが残したメモを頼りに彼の論文を復活できないかと
尽力する。家族や友人たちの充実した生き方を目の当たりにしながらヘッダは悲劇的結末を選ぶ。
(上記↑新国立劇場2010/2011シーズンから転用 翻訳:アンネ・ランデ・ペータスAnne Lande Peters/長島確) 

演劇としては、大地麻央主演による新国立劇場公演を観劇しました。
*****  *****
繰り返し制作されているテレビ版および映画版での最新作の一つは、2014年に制作開始の マシュー・ジョンMatthew John脚色による リタ・ラムナニRita Ramnani主演。2016年に公開されたもの。


他にはテレビでは、1981年制作のように、ダイアナ・リグDiana Rigg(1988年に、Dame の称号を与えられている人)
結末部分


イングリット・バークマンも1963年にBBC制作のテレビ版で主演をしています。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索入力(交響曲 協奏曲..)などと入力してみてください
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR